2017年11月24日

受験は記憶術で決まる!

受験は、ただひたすらに勉強すればいいわけではありません。
能率の良い勉強法をとらなければ、時間だけかかり、でも、点数は伸びないというスランプに陥ってしまいがちです。

親も子も有名な塾に通っているから、家庭教師もつけて、お金もかけているから、希望校にらくに合格すると思っていると大間違いです。

本人の絶対合格してやるという強い意志と、いかに時間を効率的に活用し、脳の活性化を図り、いかに知識を思考力を蓄えるかということにつきます。

そのためには、特に記憶術は、大きく力を発揮します。
英語、国語、数学の基礎、公式、地理、歴史、物理の公式、化学、
とにかく覚える、覚えなければ、先に進みません。
数学にしても、公式が頭の中に入っていなければ、計算はできませんよね。

記憶にとどめておかなければいけないことを、いかに素早く自分の脳に叩き込むか、このテクニックをいかに自分のものにするかしないかで、
あなたの偏差値は、大きく変化することでしょう。


受験はそういう意味では、いまやテクニックも必要だということですね。脳の働きについては、特に科学的にもいろいろ解明されているところですし、脳の活性化をいかにはかり受験に有利にもっていくかを知っている人は、より有利に受験に勝てるということは確かでしょう。


posted by kiokuman at 11:07| Comment(34) | 受験テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。