2017年07月25日

受験生の心得

受験生も追い込みになってきましたね。
夏休み、不規則な生活を送ってきた受験生も、通学生活に戻ることで、
規則正しい生活になることでしょうが、受験勉強が夜型という人もいますよね。
受験のための記憶力は、脳がしっかり働いていないとどんどん悪くなっていきますね。
すっきりした頭で受験勉強にかけた時間が無駄にならないように、
生活態度にも気をつけましょう。

でも、だんだん朝方にしたほうが脳の活性化には絶対いいですよ。
試験の始まる時間の3時間前には起きて、脳の活性化をはかりましょう。
脳細胞がまだ目覚めていない状態で試験を受けてもどうにもなりませんね。
からだも、ゆっくりと朝方にしていかないと、なかなか対応してくれません。
少しずつ、朝早く起きるようにしていきましょう。

また、健康管理もとても大切ですね。
試験前に高熱を出したりしていたら、意味がありません。
受験時期は、寒さなどで体調を崩しやすい時期なので、
今から、少しくらいの気温の変化に負けない、健康な体を作るように
気をつけましょう。

食生活、睡眠、軽い運動など、
自分の健康状態は自分しかわかりません。
親に頼るのではなく、自分自身でコントロールできるようにしましょう。

最近の調査では、カレーなどに含まれる香辛料が、記憶力を高めるという実験結果も出ているそうです。
痴呆症を抑える薬などの開発に使えるのではないかということですから、
かなり効果的ということでしょうね。
でも、香辛料ですから、胃を傷めないほどにほどほどにね。


受験の食生活に少しずつ取り入れるのもいいかもしれませんね。
posted by kiokuman at 21:31| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。